www.coincollectinginfo4u.com
特定調停による方法も任意整理とほぼ同じく、お金の貸し手に借金の返済を行っていくことを選ぶ借金整理の手順となります。わかりやすくいうならば裁判所が関係する借金の整理といえます。特定調停も任意整理による方法と同じく、破産申告と違い一部のお金のみを整理していくことができますので連帯保証人が関与している契約を除き手続きをしていく際やマンションのローン以外で手続きをする際等においても使うこともできますし築き上げてきた財産を処分する必要がないため、自動車やマンションなどの自分名義の資産を所有しているものの、手放してしまいたくない状況においても活用可能な債務整理の手順になるでしょう。しかし、手順を踏んでからの返済に必要な額と現実の所得額をかんがみて返済の計画を立てられるのであれば処理を進めるほうが良いですが破産申告とは異なって負債そのものが消滅してしまうわけではありませんので、お金の量がだいぶある場合には実際に特定調停による選択をするのは難しいということになるでしょう。それから、この方法だと裁判所という機関が間に入りますので専門家にゆだねなくても立場が弱くなってしまう心配がないという点とか、お金を低くおさえられるという良いところがありますが各債権者からのきびしい取り立てに債務者自身が回答する必要があることに加え実際の裁判所に何度も出頭する必要があるといったデメリットもあります。くわえて、任意整理による手続きと比べると、調停が終わる段階で和解に達しないような場合は利子をそのままの計算で払っていく必要がある点やあとから見れば債権者に対して返済するお金が任意整理の場合と比較して増えてしまうことが多いというデメリットもあります。